自力

自分は自分

読んだ本

2023年もお金の減らし方を沢山読む、と思う

お金の減らし方 (SB新書) 作者:森 博嗣 SBクリエイティブ Amazon 2022年に買った本の中で一番よく読んだのが、森博嗣のお金の減らし方です。これは今年2023年に入ってからも何度か開いていますが、特にあとがきのページを繰り返し繰り返し読んでいます。 内…

森博嗣 お金の減らし方 #3 〓本〓

お金って、使って減る人と、使って増える人がいますよね。使い方の違いだと思うのですが、あと考え方の違いですね。違うんだろうなというのは分かるのですが、ワタシに落とし込めずにいます。 森博嗣のお金の減らし方を読んでいます。気になった言葉を載せて…

森博嗣 お金の減らし方 #2 〓本〓

お金に興味があり、お金という言葉の入ったタイトルの本を買いました。森博嗣のお金の減らし方です。お金を減らす方法を探していた訳ではありませんが、読んでみたいと思いました。 僕が観察するところでは、お金持ちは「お金」と必ず言う。「金」と言うのは…

森博嗣 お金の減らし方 #1 〓本〓

「自由をつくる自在に生きる」を読みたいと思っていたのに、買ったのは「お金の減らし方」でした。お金っていう言葉にどうしても惹かれてしまいました。森博嗣のお金の減らし方を読んでいます。 この本の主題になるのは、おそらくそこだろう。僕は、一般の大…

村上和雄 アホは神の望み 〓本〓

村上和雄のアホは神の望みを読んでいます。Amazonの履歴に2020/9/16購入とあります。2年ぐらい前ですね。まだ読み終わっていません。のらりくらりと読んでいます。 私は個人的には、生命は部品の集まりではないと考えています。だから、一つひとつの部品を寄…

外山滋比古 お金の整理学 #3 〓本〓

#2の続きです。 最近、ピダハンというアマゾンに住む民族を知りました。そこでの生活はお金が要らないからお金がない事に対する不安や困るという事は無い様なんです。しかも笑顔でいる事が多いみたいで、だからお金って無い方がいいのかもしれないと思いなが…

外山滋比古 お金の整理学 #2 〓本〓

#1の続きです。 お金に興味があり、どんなことが書かれているか気になったので読んでいます。外山滋比古のお金の整理学です。気になった言葉と、それに対して思ったことなどを書いています。 ずいぶん前のことだが、『思考の整理学』という本で、常に受け身…

外山滋比古 お金の整理学 #1 〓本〓

お金が好きなので、お金についての本を読んでいます。外山滋比古さんのお金の整理学、興味津津です。心惹かれるというより、感情が揺さぶられる言葉が多いと感じます。この本からの引用と、ワタシのお金の思い出や思うことなどを書いています。 日本人は「お…

岡本太郎 自分の中に毒を持て #3 〓本〓

#2のつづきです。 批評なんて恐れ多いです。 岡本太郎の自分の中に毒を持てを読みました。心が動いた言葉を載せています。そして、出てきた言葉に「人生」を付け加えて、ワタシはどれがしっくりくるのか遊んでます。 それでもし駄目ならーーつまりつづかなか…

岡本太郎 自分の中に毒を持て #2 〓本〓

#1のつづきです。 書評ではありません。 岡本太郎の自分の中に毒を持てを読みました。気になったところをピックアップしています。出てきた言葉に「人生」を付け加えて遊んでます。 あなたはどんな人生を歩んでいますか。これからの人生どんな生き方をします…

岡本太郎 自分の中に毒を持て #1 〓本〓

書評じゃないです。 岡本太郎の自分の中に毒を持てを読みました。気になったところをピックアップしています。出てきた言葉に「人生」を付け加えて、どんな人生があるのか見てみました。 今までどんな人生を歩み、これからどんな生き方をしていきたいのか考…